LAN工事のことならお任せ。社内ネットワークから家庭内ネットワークまで配線の仕方からサーバ、無線LAN 等の設置・構築方法を述べていきます。

ある程度のLAN工事は自分で行う時代、LAN工事の基本を身に着ける。

近年では社内のみならず家庭でのLAN構築が重要になってきております。

まず社内では当然のことながらパソコン、プリンター、サーバ、ルーター無線LAN、ビジネスフォン等をしっかりネットワークでつなぐLAN配線は必須で、快適で生産性の高いオフィスを実現しています。

また個人の宅内でももはやLAN配線は必須で、あらゆるデジタル家電がネットワーク構築の対象となっております。
もはや家庭のほうが接続機器は多いのでは?という風にも思えます。
テレビ、パソコン、無線LAN 、サーバ、ゲーム機、HDDビデオ、プリンター、これらの商品にプラス最近では白物家電もネットワーク対応機種がたくさん開発され販売されています。

ある程度のLAN工事は自分で行う時代です。しっかり基本を身に着ければ殆どのLAN構築は自分でできます。

LAN構築のメリット

LAN構築のメリットはもはや語りつくせません。会社でも個人宅でも現代では必須です。会社では業務のレスポンスを良くする為にあらゆるOA機器や端末をネットワーク化することが重要です。また個人宅でも近年ありとあらゆるものがデジタル商品となっていますし、画像もどんどんきれいになっていっています。

無線LANのすすめ

現在の無線LANの通信速度は以前とはちがい有線と比べても見劣りしない速度を達成しています。ノートパソコンやスマートフォンを無線LAN で構築するのはもはや当たり前で近年ではデジタルカメラやビデオカメラ等で撮影した動画や画像も瞬時に保存、プリントアウトが可能です。また、wi-fi環境でないとバックアップしないものもありますので、無線LANは必須です。

サーバー設置

サーバー設置は現代では会社だけの設備ではありません。むしろ近年では個人宅で活躍しています。昔と違って画像や動画はデジタルデータとして保管するようになりました。また高画質機器がたくさん出てきており情報も大容量になってきております。こういったデータの保管先、バックアップ先にやはりサーバが必要になってきます。テレビ番組やゲーム関連、スマートフォンのデータバックアップ先でも必須となってきております。

家庭内LAN

家庭内のLAN配線は業者に頼むというよりもむしろ自分で行ったほうが費用対効果がかなり良いです。様々な機器を使用していると必ずトラブルに追うことがあります。このときに自分で構築した(構築しながら知識が得れる)ネットワークなら瞬時に対応できますが、最初から業者任せにするとそのたびに業者を呼び費用がかかります。時間もものすごくかかります。

社内LAN

社内LANも自分でできることが多いです。しかも社員数名で行えばあっという間に終わります。近年NTTや他のキャリアが1Gのひかり回線のサービスを始めています、今のうちにケーブルはできればカテゴリ6を使用すると良いでしょう。他の機器との接続とデータ等の設定は殆どが素人でもできるようになっています。取扱説明書をよく読んで設定をして下さい。

Copyright © LAN工事|LAN配線|LAN構築のノウハウ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.